マンション買い替え見積もり方法

長年同じマンションに住み続けていると、老朽化が進んでくるので買い替えたいと思われることがあるかも知れません。この記事では、マンションを買い替える時に失敗しない方法をご紹介します。

~マンションの買い替えする時にどんな風に見積もりを行えばいいの?~

マンションを買い替える時は、まず、いくつかのサイトに一括で見積もりを出してもらいましょう。おすすめのサイトは、CMでお馴染みのhomesがおすすめです。見積もりを行う時にはいくつかポイントがありますので解説していきます。
○見積もりを行う時のポイント
①買い替えるタイミング
買い替えるタイミングは、築10年が目安ですが、新築であればあるほど、高く売れる可能性が高いですので、いずれ買い替えると決めている方は、早めに次の物件を探して買い替えることをおすすめします。
②住宅ローン金利が下がっている時
金利が下がっている時は、支払い総額も大幅に下がりますので買い替え時です。
③計画をしっかりと立てる
買い替える方法は、4つの方法があるので解説していきます。
○先に購入する物件を決める
次の物件を先に決めてから、住まいを売る方法です。
この方法は、資金や時間に余裕がある方向けです。お気に入りの物件を押さえてから売ることができるので安心です。
○先に売って後から物件を決める方法
この方法は、手持ちの資金が少ない人向けの方法です。
咲に売ることである程度まとまった額を手に入れる事はできますが、住む家が無くなってしまうので注意が必要です。
○新しい物件探しと売るのを同時に行う
この方法は、やらなければいけないことがたくさんあるので、時間配分と資金管理が大切になります。成功させるコツは、売却金額を明確にしたうえで早めに売りに出して、物件を探しましょう。そして、売りに出している物件が、考えている金額になったら売りに出しましょう。☆売りに出す頃には、新しい物件の目星はつけておきましょう。
○今住んでいる家を借家にする
売却せずに今住んでいる家を借家にして、収入を得ながら、新しい物件を探す方法です。
住んでいる家を借家にする流れは以下の通りです。
① 不動産会社を探す
借家について取り扱っている会社を探しましょう。不動産会社を選ぶ時は、入居者の希望に対する対応力・営業資金の金額・契約できる件数の3つの基準で選びましょう。
② 契約する
契約には主に2つの方法があります。
1つは、入居者の募集は、不動産会社が行い、最終的な入居者の決定は、持ち主が行う方法ともうひとつは、全て不動産会社に任せる方法があります。基本的には持ち主が入居者を決定する方法の方が安心ですが、物件が遠方にある場合は、不動産会社に任せると良いでしょう。
このような手続きを踏んで、借家にして新しい物件が見つかるまでの資金を作る方法もあります。

~マンションで見積もりを出す時に一括査定を行う時のメリット~

前章で、一括で見積もりを行う方法をご紹介しましたが一体どんなメリットがあるのでしょうか?この章では、一括審査を行うメリットをご紹介します。
①手続きが簡単にできる
見積もりを行うためには、不動産会社ごとに連絡を取って見積もりを出してもらわなければいけないので、かなりの時間と手間がかかってしまいますが、一括査定を行えば、複数の会社の見積もりが貰えるので便利です。
② 工事の費用が安くなる
見積もりの相談をする時にほかの会社の見積もり金額を提示することで、工事費用が安くなる可能性が高くなります。
③ 良い会社から、見積もりがもらえる
一括で見積もりを行うと自分では見つけることが難しい良い会社から見積もりを貰える可能性が高いです。
良い会社からの見積もりは、金額も高く設定してありますのでおすすめです。
このように一括審査を行うことで費用を大幅に削減する事ができますので、活用することをおすすめします。次の章では、マンション買い替えの失敗例をご紹介していきますので参考にして下さい。

~マンション買い替え時の失敗例~

よくあるマンションの買い替え時の失敗例について解説していきます。

ケース1一括見積に出さずに一つの不動産屋に出すと失敗する
先ほども紹介した一括での見積もりを行わず、自分の判断で不動産会社を決めてしまうと安い金額で出してしまうことになり、売却できたとしても新しい物件の購入費でマイナスになってしまう可能性が高いです。

ケース2仲介手数料の認識不足
仲介手数料と聞くと売る時にだけかかるものと思っているかも知れませんが、物件によっては買う時にも手数料がかかる場合がありますので、気になる物件を見つけたら必ず詳細情報を確認しましょう。
ケース3 不動産取得税と住み替え費用を忘れる
不動産取得税は、かからない場合もありますが、狭い部屋にかかることが多いので狭い部屋を購入する時には必ず確認しておきましょう。

ケース4 売る時期に注意する
不動産の場合、同じ物件でも売る時期によって値段が大幅に変わります。
周りの物件が売れている時は、チャンスです。なぜなら、売れている時期は多くの人がその地域の物件を比較します。ですので、少し低めに値段を設定していればスムーズに売ることができます。しかし、周囲の物件があまり売れていない場合は、物件を出しても売れにくい傾向にあります。

このように、知らないと失敗して買い替えてもマイナスになってしまいますので、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。次の章では、マンションの買い替えで見積もりを行う時の注意点を解説していきます。

~マンションの買い替えで見積もりを行う時の注意点~

マンションの買い替えの見積もりを行う際にはいくつかの注意点がありますので解説しています。
① 無料の見積もりはずさんなことが多い
不動産会社も仕事ですので、本当の価格よりも高めに見積もりを出して契約させようとします。ですので、金額に飛びつかずに一旦話を持ち帰って、他の会社の見積もりと比較して、総合的に判断し、安いところを選びましょう。

② 見積もりの説明をしっかりとしてくれるところを選ぶ
見積もりを出してもらったら、見積もりの内訳を説明してくれる会社を選びましょう。※もし、会社側から詳しい説明が無い場合は、「どうしてこのような金額になったのか教えて頂けませんか?」というように内訳を聞いたうえで選びましょう。
具体的には、宣伝方法・値引きするタイミング・販売価格の想定価格を提示してくれるところが信頼できます。
③ 信頼できるセールスマンを選びましょう。
セールスマンは、購入者との交渉・会社との交渉・契約書の作成といった重要な業務はセールスマンが行いますので信頼できるセールスマンにお願いするようにしましょう。
☆セールスマンを選ぶ時のポイントは、人柄の良さ・言葉遣い・分かりやすく説明できるかどうか・仕事をこなすスピードと正確さで判断すると良いセールスマンと出会う事ができますよ。
③物件の情報は正確に伝える
外観の損傷・中古物件取ったマイナス面は伝えない方が良いのではないかと思いますよね。しかし、マイナス面も含め正確な情報を提示しておいた方が信頼性が上がります。
このような注意点を意識して少しでも、高く、早く売れるように工夫しましょう。

~まとめ~
マンションの買い替える際の見積もりを行うポイントをご紹介しました。正しい知識を身につけて納得のいく買い替えをしましょう。

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。



たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです




イエイ不動産の真の口コミが知りたい方の為の実際の査定の流れまとめ

家の一括査定ががっつりあがる!高額査定ならイエウール

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、600万以上、得したい方はイエウールをご利用下さい。

全国1300社以上の不動産屋が集結!クレームがあった不動産屋は掲載拒否される為、優良不動産屋が集まってます


イエウール

イエウールの一括査定の評判はしつこいと最悪?キャンセルは出来る? 


不動産査定で5000円もらっちゃおう。

1400社から一番高く物件を買い取ってくれる業者を紹介

たった45秒で不動産が1000万円高く売れる!家の売却はスマイスター/br>
土地の活用方法ならスマイスターにお任せ


スマイスター不動産売却



家と一緒に土地も見積もりに出してみましょう。

もっとも最適な土地の活用方法をご提案いたします!

たった60秒で土地の活用方法がばっちりわかる!アパートやマンション経営に興味のある人にもおすすめ。

土地の活用方法ならスマイスターにお任せ


スマイスター土地活用