マンション売却の期間を説明している人

意外と負担が強いられるマンションの売却。できることなら短期で買い手を見つけたいものですが、果たしてどの程度の期間を考えておけばよいのでしょう?マンションの売却を考えている人には気なるところではないでしょうか。

マンション売却の準備期間

マンションを売却するにあたり、どのような準備が必要になると思いますか?

まず必要なのがマンションの査定。

これがマンション売却の第一歩になります。

そして大切なのが、複数社に対して査定を依頼すること。

査定価格に納得したならば、その査定価格を提示した会社に対して問い合わせ、査定の根拠や売却に関して尋ねてみるとよいでしょう。

ここで、会社の営業方針や担当者とのフィーリングを確かめることも重要です。

マンションの売却においては、活動をサポートする不動産会社がとても重要な働きをします。売り手のことを熱心に考えてくれる担当者を選びたいものです。そして信頼できる不動産会社にめぐり会うことができたら、媒介契約を結びましょう。

マンションの売却活動は、売却時期から逆算して遅くとも3ヶ月以上前に始めることが理想です。この期間内に希望価格での売却が実現できるよう頑張りましょう。

マンション売却期間はどのくらいかかる?

マンション売却の平均期間の案内

一概には言えないものの、マンションの売却に要する期間は3ヶ月から6ヶ月が一般的だと言われています。

とはいえ、売却理由や売却に対する売り手のスタンスなどによって、その期間は大きく左右されます。

適正な販売価格を設定すれば短期間での売却も可能ですが、初めは強気の価格設定をしたいという売り手も多いはず。初めに強気の設定をする場合は、その価格での販売をいつまで続けるかを考えておくことが必要です。

また、売り手が売却の必要に迫られていないようであれば、6ヶ月を超える期間での売却

も考えらえます。「この値段で売れるなら売ってもいいけど、別に売らなくてもいい」。

そのように考えている売り手であれば、売却活動が長期間に及ぶことも考えられます。

また時期が悪い可能性もあります。

そんな時は時期を改めて見るのも手だと思います。

マンションを売る適切なタイミングと高く売れる時期

もし平均期間内にマンションが売れなかったらどうする?

マンション売却の期間が長引いたら不動産屋を変えるのも手

ご説明したように、マンションの売却に要する期間は売り手の背景によって千差万別。

売却期間を気にする必要はありません。

とはいえ、長期間買い手が付かないと不安になりますよね。

そんな時は、相場と比較して自分のマンションの価格が適正かどうか、確認してみることをおすすめします。

買い手が付かないのには何か理由があるはずなので、不動産会社の担当者に相談してみましょう。

値下げを勧められたら、値下げをしてでも売るべきか考えます。

そして、値下げに同意できるようであれば価格変更を行います。また、媒介契約期間が終了したタイミングで、不動産会社を変更するのもひとつの手段です。

不動産会社に熱意が感じられないなどの不安があるようであれば、他の不動産会社への依頼を検討することもよいのではないでしょうか。

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです