家を売却するときには、色々な書類が必要になります。その書類を前もって用意しておくことで、家の売却はスムーズに進めることができます。仮に紛失している書類などがあれば、もろもろの手続きが必要な場合もあるので書類の確認は早めに行いましょう。

書類

家を売るのに必要な書類の取得方法

以下の書類が家を売るのに必要な書類と取得方法です。

1-1最寄りの役所で取得するもの

・印鑑証明書

・住民票

1-2郵送されてくるもの

・固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書:税務署から郵送されてきます。

・ローン残高証明書:定期的に金融機関から郵送されてきます。

1-3不動産取得時にもらうもの

・登記済権利書(登記識別情報)

・土地測量図、境界確認書

・建築確認済証、および検査済証

・マンションの管理規約、または使用細則など

・耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書など

・パンフレットなど

2家を売る前に準備をする書類

前項で挙げた必要書類の中でも、家を売る前に準備しておく書類は以下の書類です。家を売る前に準備する理由としては、主に「不動産会社に見せる書類になるから」です。不動産会社は不動産の売買代金を査定する際に、以下の書類を参考にします。また、不備があったり、不足書類が会ったりした場合には、再発行手続きなどをとります。

・登記済権利書(登記識別情報)

この書類は、所有者が自分であることを示す書類です。また、その不動産の広さや構造、土地種類(宅地)などの詳細情報が記載されています。この権利書は紛失しても再発行ができません。仮に紛失した場合には別の書類を作成する必要があるので、司法書士に相談しましょう。

・土地測量図、境界確認書

とくに、一戸建てや土地を売買するときには重要になる書面です。書類の内容としては、土地の境界をしっかり決め、広さを証明する書類になります。そのため、この書類がないということは、土地の広さを証明する書類がないということです。不動産売買においては、再度測量士に依頼して測量図を作成する必要があります。

・建築確認済証、および検査済証

売買する不動産が、きちんと建築基準法に基づいているかを証明する書類です。この書類がないと、法律に基づいて建てられたという証明がないということです。検査済証を紛失したときには、役所にいって「台帳証明書」を取得しましょう。台帳証明書を取得することで、「検査済証が過去発行された」ということを証明できます。

3家を売る際に必要な書類

家を売る際に必要な書類は、見学者に対して見せる書類と、銀行や不動産会社との手続きに必要な書類に分かれます。

3-1見学者に対して見せる書類

・マンションの管理規約、または使用細則など

マンションの管理規約や使用細則は、主に不動産会社が見学者を接客するときに利用します。たとえば、「長期修繕計画」や「ペット使用細則」、「共用部分の利用方法」などは良く見られる項目です。これらは、見学者からの質問が多いので、事前に不動産会社の担当者がチェックをしておきます。

・耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書等など

仮に耐震診断やアスベストの調査をした不動産であれば、それを証明する書類を不動産の取得時にもらっているはずです。これらの証明書は必須ではありませんが、不動産を売却するときには有利になります。仮に、紛失していたとしたら、その不動産を購入したときの売主に聞いてみましょう。

・パンフレットなど

パンフレットなどの書類は必須書類ではありません。しかし、前項の「耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書など」と同じく、不動産を売却するときに有利になる書類です。

3-2手続きに必要な書類

不動産会社や銀行とのやりとりに必要な書類は以下の2点です。

・印鑑証明書

・住民票

印鑑証明書は役所に実印登録をする必要があります。なお、印鑑は何でも良いです。また、これら2つの書類は住宅ローンを組んだ金融機関や不動産会社によって、通数などが異なります。とくに、「取得から3か月以内の書類」などのルールもありますので、取得時期も含めて不動産会社に確認をした方が良いです。

 

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです