家や土地は高額な商品のため、売却するまでに色々な手順を踏みます。また、土地と家では不動産の種類が異なるため、売却の手順と流れが微妙に異なるのです。そこで今回は、家の売却手順と土地の売却手順を分けて、詳しく解説します。

家を売る手順を説明している人

家を売る流れと手順

まず、家を売るときの流れと手順は以下の通りになります。

  • ①家の査定を行う
  • ②不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • ③売却活動をはじめる
  • ④見学者を接客する
  • ⑤検討者と交渉をする
  • ⑥申込・契約
  • ⑦引渡

家や売主によっても異なりますが、①~⑦まで全て完了するには、5か月~半年程度の期間がかかるといわれています。

不動産屋選びに時間がかかる人も多いと思われます。

すぐにでも優良な不動産屋をお探しなら一括査定を使用するのをおススメします。

一括査定であれば優良な不動産屋が売却予定の家の値段を競い合い、値段を釣り上げて購入する事が可能だからです。

当サイトでは一括サイトイエイをおススメしてます。


家を売る時の不動産屋の選び方

また実は土地も一括査定をする事が出来ます。

土地の活用方法をプロのアドバイスを受ける事でもっとも適切にまた高利回りで土地を活用する事が出来るのです。

土地の販売や活用方法を知りたい方は以下からランドピアの一括査定

をご覧下さい。


査定&媒介契約

前項①②の査定&媒介系契約についてです。まず、家を売ろうと思ったら、「いくらくらいで売れるのか?」という「査定」を不動産会社に依頼します。査定自体は無料で、何社に依頼しても問題ありません。査定は、まず「机上査定」を行い、その後実際に家を見る「訪問査定」を行います。

その訪問査定の査定結果を受けて不動産会社を選定し、その不動産会社と「媒介契約」を結びます。媒介契約とは、「あなたの会社にわたしの家の売却を依頼します」という内容の契約です。

売却活動~交渉

家の売却活動の交渉をしている人

不動産会社と媒介契約を結んだら、売却活動を行います。売却活動とは、広告で集客をして、見学者の接客&交渉を行うことです。これら一連の売却活動は、不動産会社が全て行います。

また、仮に売却活動が上手くいかなかったら、広告戦略や販売戦略を練り直し、売り出し価格の変更をする場合もあります。

申込・契約&引渡

検討者の接客&交渉が終われば、申込・契約に移ります。まず、申込をすることで部屋を抑え、資金計画を確定させます。そして、申込からおおむね1週間以内に、売買契約を締結するという流れです。

売買契約を締結してからは、売主は抵当権抹消手続きと引っ越し手続きを行います。その手続きが終われば、物件を買主に引渡し、家の売却は全て完了です。

引渡時期は、売買契約締結から概ね1か月~2か月以内になります。

土地を売る手順と流れ

土地を売る手順

土地を売る手順と流れは、前項の「家を売る手順と流れ」とほぼ同様です。違う点は、「土地の測量」についてです。土地は家と違い、壁や柱などで仕切られているワケではありません。しかし、土地の面積が1㎡違うだけで土地の金額は大きく異なります。

そのため、土地の面積が正確かどうかの判断をするため、「測量」が必要かどうかをチェックします。実際には以下のような流れになります。

①土地の境界杭を調べる

②地積測量図、実測図を確認

境界杭を調べる

まず、土地の隅にある境界杭を調べます。境界杭とは、土地を区切っている印のことで、石でつくってあるものや金属でつくってあるものがあります。この境界杭をもって、土地の隅を明示し、自分の土地の範囲を証明しているのです。

しかし、境界は石や金属でできていて、さらに道路と接している部分もあります。そのため、何かの拍子で破損するケースも少なくなりありません。破損してしまうと、自分の土地の範囲を証明できなくなりますので、もう一度境界杭を打つための「測量」が必要になるのです。

地積測量図、実測図を確認

また、境界杭があっても測量をしたという証明である、「地積測量図」や「実測図」がないと広さを証明できません。そのため、もしこのような図面がないときには、再度測量が必要になります。土地を売買するときには、まず地積測量図や実測図があるか確認しましょう。

家を買い替える場合の手順と流れ

家を買い替えるときには、先に今の家を売る「先売り」か、新しい家を買った後に今の家を売る「後売り」があります。

先売り

先売りのときは、以下のような流れになります。

①今の家の査定&媒介契約を結ぶ

②今の家の売却活動&接客&交渉

③今の家の申込&契約

④新しい家の検討

⑤今の家の引渡

⑥新しい家の申込&契約

⑦新しい家の引渡

先売りの際には、今の家を売却してから新しい家の引渡を受けるまで(上記⑤と⑦)の間にタイムラグが発生します。この期間は住む家がなくなってしまうので、賃貸マンションなどに仮住まいすることが多いです。

後売り

一方、後売りは以下のような流れです。

①新しい家の検討

②新しい家の申込&契約

③今の家の査定&媒介契約

④新しい家の引渡

⑤今の家の売却活動&接客&交渉

⑥今の家の申込&契約

⑦今の家の引渡

先売りとは逆で、新しい家の引渡から今の家の引渡までの期間(④~⑦)は、家を2つ所有していることになります。つまり、どちらにも住宅ローンがあれば、2つの住宅ローンを支払うというリスクを負うのです。先売りは「仮住まい」、後売りには「ダブルローン」のリスクがあることを認識しておきましょう。

まとめ

家や土地を売却する手順と流れは上述した通りになります。家を売却するときと土地と売却するときの違いは「測量」であると認識しておきましょう。測量を行う必要があると、数万円~10万円以上のコストがかかります。また、家を買い替えるときには先売りと後売りの2つの方法があり、それぞれのリスクを理解した上で選択しましょう。

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです