家を売る際に、空き家にしてから売るのと住みながら売るのではどちらが売れやすいのでしょうか。
一般的には住んでいる家は室内の細かいところがチェック出来ないなどの理由で、住みながら売るより空き家の方が売りやすいと言われています。
しかし、現実的には色々な理由で住みながら家を売る人が多いのも事実です。

では実際に住みながら家を売ることは出来るのでしょうか。

家に住んでいる家族

住みながら家を売る事は出来る?

結論から言うと住みながら家を売ることは可能です。

実際には住み替える新居を探すのと並行して住みながら家を売るというケースは非常に多くあります。

やはり空き家にして売るには新居に引越ししないといけませんので、新居先の住宅ローンと空き家の住宅ローンの2重払いなど資金的に余裕がないと厳しいからです。

住宅ローンが払えない?住宅ローンが残ってる時の任意売却と家の売却

住みながら家を売る際の注意点としては、買主が見つかり売却が決まった際に引き渡しをすることが出来るかどうかです。
いざ売却が決まったのに引越しが出来ないとなると住む家がないなど大きな問題になりますのでスケジュールについては十分注意が必要です。

家に住みながら家を売るメリット

空き家にして売るより家に住みながら家を売るメリットは、売り出すタイミングが早くなるので物件の売出し価格などお客様の反響を見極める時間ができるなど効率的に家を売ることができます。

新居に引越しして空き家にしてから売る場合は、家が売れない期間住宅ローンの2重払いなど資金的な負担が大きくなります。住みながら家を売るとその期間を短く効率的に売ることが出来資金的な負担を減らすことが出来ます。

早めに家を売れるように一括査定を使用する事もありですね。


家の一括査定については以下からどうぞ


住みながらだと家が売りづらいという事はある?

住みながらだと家が売りづらい

住みながら家を売るよりも空き家にして売る方が売れやすい理由として、下記のようなポイントが挙げられます。


・部屋の中の細部をチェックできない。

タンスや机、テレビ・冷蔵庫など大きな荷物が置いてあると、部屋の隅々までチェックが出来ないので他の物件と悩んだ際に決断がしにくい。

・片付いていないと見栄えが悪い。住んでいる人の生活感が出る。

きちんと片付いていれば良いですが、引っ越し準備で忙しいなど片づけが出来ていないとどんなに良い物件でもイメージが悪くなります。また、どうしても長く住んでいるとその家の独特の臭いも出ますし、古くなった家具や家電が置いていると住んでいる人の生活感が出てしまい、夢を持って新居を探している人にとってはマイナス要素となってしまいます。


・内覧の時間の設定が難しい。

住みながらだと家の内覧出来ない

住んでいる場合は不動産業者に鍵を預けることが出来ないので、家族の誰かが立ち会わないといけません。そうなると時間の設定が難しく、買主の希望の時間に内覧できないということもありますので内覧件数が減ってしまいます。

住んでいる家は売れにくいですが、いらないものを捨てたり片付けることで、モデルルームのようにすっきりきれいに見せることが出来れば逆に生活感も無くなり良いイメージとなりますので売れやすくなります。
住んでいる家を売るには色々と工夫することが大事です。

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです