家を売る人の中では、その家をリフォームしてから売却する人もいます。しかし、当然ですがリフォーム費用もかかるため、リフォームした方が良いかは迷うものです。そこで今回は、「リフォームした家は高く売れるか?」をテーマにお話していきます。

リフォームした家

 

1.家やマンションを売る時にリフォームって必要?

結論からいうと、リフォームは不要な場合が多いです。理由は以下2点になります。

①そもそも中古物件のため、ある程度のキズ・汚れは覚悟している

ペットを飼っていた家を売る方法。匂いやキズがあっても大丈夫?

②クリーニングの効果が大きい

まず、中古物件を探している方にとって、中古物件はキズ・汚れはあるものと認識しています。そのため、リフォームでピカピカになった室内の方が印象は良いですが、多少キズ・汚れがある状態でも大きく印象を損ないません。

家を売る時の内覧ポイントとコツ

また、リフォームをする前にハウスクリーニングを行ってみましょう。クリーニング業者に依頼する前に、まずは自分で掃除をしてみます。大体の場合、「意外とキレイになった」というケースが多いと思います。リフォームほどはキレイになりませんが、ハウスクリーニングでもある程度はキレイになるという点も、リフォームが不要である理由の1つです。

2.リフォームしてから売ると高く売れるの?

結論からいうと、リフォームしてからの方が高く売れるケースは多いです。しかし、リフォームをした分が、そのまま売却価格に乗るかどうかは分かりません。リフォーム費用でかかった分が売却価格に乗らないケースもあるので、リフォームするリスクは決して低くないのです。リフォームをした方が良いときは、以下のようなケースのときです。

①あまりに室内が劣化している

古い家

築年数が査定価格に与える影響について 古い家を売る方法

築年数が古い築古マンションを売る方法

②周辺競合マンションがキレイである

周辺の綺麗なマンション

たとえば、子供がいたりペットがいたりして、室内がキズだらけの場合などです。このような場合には、クロスやフローリングのリフォームなどは効果が高いケースが多いです。

また、競合するマンションが「リフォーム済み」であったり、「築浅」であったりする場合にも、リフォーム効果は高いです。なぜなら、室内がキレイな競合物件と比較検討された後なので、室内がキレイな状態でないとどうしても見劣りするからです。

 

ただし、場合によってリフォーム費用は100万円を超えることもあります。そのため、売却前にリフォームをすることに抵抗がある方も少なくありません。そのようなときは、リフォーム費用だけ見積もりをしておいて、最悪その金額を「値引き提示する」という方法も効果的です。

リフォームも一括見積を行う事をおすすめしています。

【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです