マンションを売却するのに不動産屋に依頼しますが、悪徳不動産屋に捕まってしまうと大変です。最悪の場合は詐欺などに合い、騙されてマンションを取られてしまうなんてこともあります。

今回は、マンション売却で詐欺に合わない為にはということでお話しいたします。

マンション売却の詐欺師

マンション売却時によくある詐欺の手口

では、マンションを売却する際に引っかかってしまう詐欺にはどんなものがあるのでしょうか。

マンションを売却の流れとしては、不動産屋に売却の依頼する媒介契約→お客さんを探してもらって契約→代金を振り込んでもらって決済→買主に所有権が移転されて終了となります。

詐欺が行われるのは、お金を受け取る決済の前に行われることが多いです。

例えば、売主が不動産屋に媒介契約を依頼し、不動産屋からお客さんが見つかったので書類を揃えてくださいと言われます。

その時に、「スムーズに所有権移転が出来るように先に必要書類をもらっておきます。」ということで所有権移転の書類(委任状、権利証など)を要求され、書類を渡すと「お客さんの都合が悪くなり、契約は少し先になる。」と言われ、その間に所有権は移転されて、第三者に転売されてしまい、不動産屋はお金を持って逃げてしまいます。

善意の第三者に所有権が移転してしまうと取り返すことは非常に困難です。

そうなるとマンションは取られて、お金も入ってこないということになってしまいます。

詐欺に合わないためにするべき事

詐欺をしない不動産屋

その為詐欺に合わないようにするには、まず不動産屋を頼ってもいいですが信用しすぎるといけません。

詐欺に合わないまでも、何も知らない素人だと思われてしまうと安い価格で売却されるなど不動産屋のいいようにされてしまいます。

上で述べたようなマンションを売却する為の最低限の流れを理解しておき、きちんと契約が終わった時点で必要書類を渡す、お金を受け取ってから権利証を渡すなど注意する必要があります。

家を売る時には悪徳不動産屋に注意しよう

大手不動産屋はやはり信頼出来る!怪しい不動産屋には気をつけよう!

大手の不動産屋

詐欺に合わない為には、やはり大手不動産屋に任せるのが安心です。

大手不動産屋であれば、コンプライアンスもあり、法令に違反するような行為はまず行いませんので信頼できます。ただ、大手不動産屋の場合は取引量も多いので売れないような物件だとあまり力を入れてくれない場合があります。

そんな時に早く売りたいと焦って、ホームページも無いような不動産屋や宅建免許を持ってないような不動産屋に行くと相手の思うつぼです。

そういった不動産屋に捕まらない為にもマンションの売却が初めての場合は大手不動産屋に行く方が良いでしょう。

マンション売却で詐欺に合わない為には、最低限の知識を身につけ、わからない場合は知識のある人に同席してもらう、信頼のある大手不動産屋を選ぶなどし、怪しい不動産屋には近寄らないようにしてください。

家やマンションの一括査定で買取額が1650万→2000万の大台に!!!

最大6社に見積もりし、もっとも高い不動産屋を選別します。

たった60秒で査定が完了し、400万以上、得したい方は一括査定をご利用下さい。

家の査定を何処の不動産屋さんにもっていけばいいか分からない方は一括査定がおすすめです